国旗オタクが愛用する、国旗が好きな子におすすめのアイテム4選!

我が家には、7歳と3歳の男の子がいます。

 

小1の長男は、幼稚園のときから国旗が好きで、
今ではわたしも夫も知らない国旗・国の名前をたくさん知っています。

わたしの方針として、子どもの好き!や得意なことを伸ばしてあげたいという思いがあるので、気づけば我が家には、国旗や世界の国に関する本がたくさん集まっていました。

今日は、そんな国旗が好きな子どもにおすすめの、我が家で愛用しているアイテムたちをご紹介したいと思います。

 

国旗好きの子どもにおすすめのアイテム4選

 

それでは、早速そのアイテムたちをご紹介します。

・完全版・こっきのえほん

・ドラえもん 世界の国旗 全百科

・世界の国旗かるた

それでは、ひとつずつ見ていきましょう!

 

完全版・こっきのえほん

 

まずご紹介するのは、国旗が好きならぜひおすすめしたいこちらの本です。

 

 

 

・すべての国旗が大きく載っている!

・すべての国の首都・広さ・人口・言語・時差が載っている

・本の装丁がシンプルでおしゃれ!

 
 
 

すべての国旗が大きく載っている!

 
こちらの本は、他の国旗の本と大きく異なる点があります。

それは、全世界のすべての国の旗が、すべて同じ大きさで大きく載っていること。

本屋さんなどで見てもらえるとわかると思いますが、他の国旗の本は、わたしたちがよく知っている主要な国の旗は大きく載っていますが、あまり知られていない小さな国は、国旗もおまけのように小さく載っているものが多いです。

そのため、この本では子ども自身も変な先入観がなく、自分で国の位置を調べて、はじめて「え~小っちゃー!」など、自分で気づきを得ています。
 
実はわたしそれがとても大事だと思っていて、どんなことでも、人から教えられるよりも自らの体験を通して得た知識の方が、より深く自分の中に根付くと思っています。
 
それから、国旗って日本のようにシンプルなデザインもあれば、ものすごく細かいデザインのものもあります。
その点でも、この本ではすべての国旗が大きく載っている(1ページに1国旗)ため、そのような細かいデザインの国旗でも、細部まで見ることができます。
 
大人が見ても楽しいです!
 

すべての国の首都・広さ・人口・言語・時差が載っている

 
これも先ほどの話と被りますが、小さな国も大きな国もすべて同じ大きさで載っているため、その国の情報も、どんな小さな国でもちゃんと載っています。
説明自体はページの下部にちょこっと載っているくらいですが、この本は国旗の本であることを考えると、充分ではないかとわたしは思います。
 

本の装丁がシンプルでおしゃれ!

 

これは完全に個人の好みの問題ですが、わたしは基本的にシンプルなものが好きです。

我が家の収納用品はほとんど無印良品です。
シンプルで好きなんです。
関連記事

皆さんのお家では、子ども部屋に何を置いていますか?   我が家はまだ子ども部屋を作ってはいないのですが、リビングの片隅にミニテーブルを置き、子どもコーナーを作っています。   ちなみにミニテーブルは子ども用でもなんでもなく、[…]

 

 
子ども向けの本というとカラフルな装丁のものが多いのですが、この本の装丁は、全体が白とグレーでデザインされているため、とてもシンプルでおしゃれです。
 
 
個人的に、この本を買おうと思った決め手はこのデザインの良さでした。

というわけで、国旗の本が欲しい、という方にはこの『完全版・こっきのえほん』をまず一冊オススメします!

子どもだけでなく、大人も楽しめますよ。

 

 
ちなみに余談ですが、、子どもの宿題で音読があるのですが、母のサインは国旗を書くのが我が家の定番となっています。そのため、最近は毎日この本が活躍しています

ドラえもん 世界の国旗 全百科

 

次にご紹介するのは、小学生におすすめの国旗の本です。

 

 

 
ドラえもんって、もう何十年も前、それこそわたしが生まれる前から、ずっと子どもたちに愛されていますよね。
今の子どもたちも例外ではなく、ドラえもんが好きな子は多いと思います。
我が家の子どもたちもドラえもんが大好きです。
 

・地域別にまとまっているので、地理が理解しやすい

 

・ほぼ全ページにドラえもんのキャラクターの絵が描かれていて、たまにマンガもある!

・ハンディサイズなので、持ち運びしやすい

 

 
 

地域別にまとまっているので、地理が理解しやすい

 
先ほどご紹介した「こっきのえほん」では、国旗が五十音順に掲載されていましたが、
この本では、アジア、オセアニア、アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカの順に、地域ごとに掲載されています。
また、各地域のはじめのページには地図が載っていて、国の名前もしっかりと書かれているので、とてもわかりやすいと思います。
 
 
みん
ちなみに、この本も基本1ページに1国旗で、
すべての国の旗が載っていますよ。
 

ほぼ全ページにドラえもんのキャラクターの絵が描かれていて、たまにマンガもある!

 
ざっと見た感じ、冒頭の「はじめに」と、写真のページ以外は、ほぼすべてのページにドラえもんやのび太くんなどのキャラクターが描かれていました。(さくいんのページにも描かれてました~)
すごいですね。
それから、時々マンガも描かれているので、小学生にはとても読みやすいんじゃないかな~と思います。
 

ハンディサイズなので、持ち運びしやすい

 
先ほどご紹介した「こっきのえほん」は、大型本という表示があるように図鑑と同じくらいの厚みがあり、持ち運びには不向きです。
その点、この本は文庫本サイズとなっているため、持ち運びに向いている本といえます。
 
我が家も、もうすぐ夏休みで実家に帰省するので、
移動中の暇つぶしに持たせようと思っています!
 
 

世界の国旗かるた

 
続いてご紹介するのは、国旗かるたです。
 

 
 

これはお店でたまたま見つけて買ったのですが、子どもたちがちょうどかるたやトランプなどのカードゲームを楽しめる年齢になってきたので、家族で楽しんでいます。

このかるたには、世界197カ国のうち、48カ国が載っています。

 

表「国旗」「国名」

 

裏「国旗の意味」「首都」「世界遺産・有名なもの」

 
国旗の意味なんかは、大人でも知らなかったりするので、なかなか勉強になります

また、付録として「世界197か国の国旗一覧&世界地図」のポスターも付いています。

我が家には地球儀はあるけど世界地図はなかったので嬉しいです

この付録の世界地図、小さな国でもちゃんと国名が記載されています。すごい!

ちなみにこれは48の国しかないのですが、こちらの『世界の国旗かるた2』にも、前作に載っていない国が48カ国載っているので、2つ揃えると96カ国ということになります。

 

 

 

さらに調べてみたところ『世界の国旗かるたデラックス』というものもあり、こちらはなんと今回ご紹介した『世界の国旗かるた』と『世界の国旗かるた2』がセットになっているようです。

 

 

国旗かるたは、遊びながら国旗も覚えられて、知育玩具としてもとっても良いのではないかと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

国旗って本当にいろんなデザインがあって、見ているだけでもなかなか楽しいですよね。

2020年には東京オリンピックも開催されるので、いよいよ長男の本領発揮となるか、いまから楽しみです。

今回ご紹介したものは以上ですが、これ以外にもおもしろい本やグッズはたくさんあるので、またご紹介させていただけたら、と思います。

 

関連記事

「うちの子、まだひらがなが全然読めないんだけど、どうやって教えたらいいの?」今日はそんな悩めるママ、パパさんにオススメの本をご紹介します! ○ 小さなお子さんのいる方 ○ 子どもが電車好きという方 ○ 遊びながらひらがなが覚えられたら[…]

 

 

子どもの好き!を伸ばす本の最新記事8件

>
CTR IMG