ただの主婦がブログを立ち上げることになった経緯と、このブログで伝えたい大切なこと

前回、私の生い立ちについてお話させていただきました。

関連記事

みなさま、はじめまして。 当ブログ(like mimosa…)運営者のみんです。 この記事では、私のプロフィールを紹介させていただこうと思います。 ・7歳と3歳の男の子ママ ・1988年(ギリ昭和)生まれ ・アラサー専業主婦 ・元ナー[…]

 

 

今回は、専業主婦である私が、なぜブログを始めることになったのか、についてお話ししていこうと思います。

 

専業主婦で働かないって、経済的な余裕があるからでしょ?

 

 

私は元々専業主婦になるのが夢!と断言するほど、専業主婦に強い憧れがありました。

 

それは


・内向的な性格

・父を亡くし、シングルマザーの家庭で育った経験


とか、そんな影響かあるのかないのか、、

自分でもなぜそんなに結婚や母親になることに強い憧れを持っているのか時々ふしぎに思うくらいです。

 

が、結論から言います。

 

私も夫も若い時に結婚したので、正直なところ
悠長に専業主婦をしている経済的な余裕はありません。

おそらく他の人だったら、有無を言わさず働くという選択肢を取ると思います。

 

ではなぜ働かないのか?

・子どもとしっかり向き合いたい

 

・働きながら家事も育児もする自信がない

・働くことにトラウマがある

・家にいるのが好きすぎる

・そもそも働きたいと思ったことが一度もない

 

いかがですか。

特に5つめ、ダメ人間すぎて自分でもびっくりします。

 

考えが甘いのは重々承知です。

共働きが当たり前のこのご時世、時代錯誤なことを言っているのもわかっています。

 

でも!こういう人間もいるのです。

だから私は、せめて自分のいるこの世界で、自分にできることは精一杯やっていこう、と思っています。

 

そんなわけで、幼稚園では保護者のサークル活動にも参加し

「今できることを全力で」
を合言葉に、自分なりに母親業を頑張っているつもりです。

 

しかし話が戻りますが、いかんせん経済的な余裕がない。

さらに夫が今の職場を退職し、独立することに..!

 

どうですか?

 

もう不安しかありませんよね。

 

いざとなったら看護師として働くつもりではいますが、まだ全く覚悟はできておりません。。

どこまでも甘ったれな人間なのです。。

 

ブログとの出会い

 

そこで夫に勧められたのが、このブログでした。

 

前からYouTubeで《自分の好きな事、得意な事を仕事にする》みたいな動画をよく見ていた夫。

今はそういう時代だ、と。

 

ちょうど夫も独立に向けてブログやらを始めていたので、教えてもらいながらブログを立ち上げたのが2019年6月末。

7月にはTwitterも開始。

 

そこから5ヶ月。投稿された記事はなんと11記事。

 

嘘でしょ、、5ヶ月でたったの11記事、、?

亀の歩みすぎて自分でもびっくりします。。

 

・はじめのひと月頑張ってみたものの、そこから子どもが夏休みに入りゴタゴタしていた

 

・育児書のレビュー的な記事を書いていたけど、不器用で時間が掛かり過ぎて自信喪失

・そもそもパソコンが苦手なので、使い方が分からなすぎて挫折

・上記の理由から、3ヶ月間ブログ放置

 

はい、ただの甘ったれた言い訳です。

Twitterで頑張っているブロガーさんの中には、私と同時期か私より後に始めた方もいますが、みなさんとても頑張っていてブログもたくさん書いています。

 

はじめはそれで落ち込んだりもしましたが(自分がサボってただけなのに..)

今は自分なりに頑張るしかない!と思うことにしました。

 

こういうのは切り替えが大事!ですよね?

何をブログで発信するの?

 

ではブログを通して何を発信するのか。

・育児書を読むこと

・子どもと接すること

・プチプラファッションを楽しむこと

・歌を歌うこと

 

この中で、ブログで発信できそうなのは育児書と子どもと接することだな、と考えました。

 

ちなみに育児書は、いつもAmazonのランキングをチェックして図書館で借りています。

 

ブログの発信を通して私が伝えたいこと

 

7年間母親をして少しだけわかったことがあります。

それは、育児書である程度の方向性ややり方を示してもらえると、いくらか楽に子育てできるようになる、ということ。

 

もちろん全部育児書通りに、なんてできません。

だけど、できる時に少しずつでも実践してみると、知らなかった時よりも子どもと良い関わりができている気がするのです。

 

子どもも親も性格は色々なので一概には言えませんが

ぜひこれをたくさんの人に知って欲しい!そしてみんなもっと肩の力を抜いて子育てができるといいなぁと思い、このブログを運営しています。

 

誤解のないよう、私の考え方をお伝えします

 

子育てに関することって実は炎上しやすいというか、みんな当事者ではあるけれど、それぞれ立場は異なるので、理解されない部分も多々あります。

・専業主婦とワーママ

・母乳とミルク

・幼稚園と保育園

・自然分娩と帝王切開、無痛分娩

 

『みんな子どもを産み育てる』という大元の部分は同じだけど、それぞれ立場は違いますよね。

よく自分の考えが正しい、相手は間違ってる、みたいなことを言う方もいますが私はそうは思っていません。

 

私は自分の性格や気持ちを考慮して専業主婦を選んだ。

だけど、私の学生時代の友達はほとんど皆働いています。

 

それは、そのやり方がその人の今の状況や考え方に合っているから。

だから、他人である私がとやかく言うことではないと思っています。

 

ましてや、毎日その友人やお子さんに会っている訳でもないのに、その人がどんな気持ちでその選択をしたのかなんて分かるはずもありませんよね..

仕事が楽しくてしょうがない & 子どもも保育園が楽しくて、皆納得のいく選択ができているのかもしれないし

もしかしたら、本当は納得がいっていないけれど、生活のためにその選択をしたという人もいるかもしれない。

 

だけど大事なのは、その人が選択したその道は、その人がたくさん悩んで考えて出した答えなんだろう、ということ。

 

だから私は、自分と違う立場や考え方の人がいても、安易に否定する人間にはなりたくない、と思っています。

 

ただ、子育てにおいて、私は自分なりに信念があります。

迷い、悩みながら、これまでの経験で培ってきたものです。

 

それは、場合によっては受け入れられないこともあるかもしれないけど

他の人にとってもメリットになるんじゃないかな..
良い親子関係が築ける助けになるんじゃないかな..

と思って発信しています。

 

みんなが少しでも楽に、楽しく生きられるように..と思ってやっていることで、
決して人と争うためにやっていることではない、というのは理解していただけると嬉しいです。

ものすごい予防線を張っているな、と感じてしまうかもしれませんが、大切なことなのでお話しさせていただきました。

 

長々と失礼いたしました。。

もしこのブログに興味を持ってもらえたら、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

 

Twitterでも、日々感じたことを呟いています〜

よろしければ、フォローしていただけるととっても嬉しいです。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

 

関連記事

  私は母親になって7年間、いろんなママと接してきましたが、よく言われる言葉があります。それは.. どうしたらそんなに穏やかでいられるの〜? ということ。   その場では、「家では怒ってばっかりだよ〜」なんて言いますが […]

 

関連記事

育児書って、読んだことありますか?   育児書といっても、赤ちゃんのお世話や離乳食のことが書かれているものから 小学生やそれ以上の子どもに関する本までいろいろありますね。   私がよく好んで読んでいるのは、主に乳幼児期~10歳くらいま[…]

 

関連記事

みなさま、はじめまして。 当ブログ(like mimosa…)運営者のみんです。 この記事では、私のプロフィールを紹介させていただこうと思います。 ・7歳と3歳の男の子ママ ・1988年(ギリ昭和)生まれ ・アラサー専業主婦 ・元ナー[…]

>
CTR IMG